出来上がり【前後フェンダー】
再塗装の仕上がり編の最後です。
丸石郵政車の前後フェンダーは以下の通り。

当初は、すすけた状態でした。
写真にのっている泥除けフラップは、熱延係長7号へ・・・
ハンドルは、服部実用車へ・・・移植完了です。




赤い塗膜を落としまして。
IMG_3092_convert_20130210150213.jpg

プラ・サフを塗って。フェンダーと半ケースに挟まれた袋の中には、服部のリヤチェーンケースカバーが入っており、再塗装する際の色見本用に渡しておいたものでした。
IMG_3326_convert_20130210150257.jpg


仕上がりは・・・
IMG_3482_convert_20130210150351.jpg
これも完璧です。どれも納得のいく成果です。お代の方ですが、当初4品3万円という見積でしたが、請求は3万円切っていました。ありがたや~
塗装については、塗装対象品が多いほどCOSTも当然ながら安くなります。1品だけだと塗装工賃単価も自然と高くなりますよね。
TOP SECRETⅡさん、ほんと良くやって頂きありがとうございました。
さて、取付に入りますが現場工事が忙しいので、どこまで進むやら(汗)

別窓 | ◇実用車パーツ【丸石郵政車】 | コメント:0 | トラックバック:0
201302101516
出来上がり【半ケース】
丸石郵政車から部品取りさせてもらった、この半ケースも仕上がってきました。

当初はこんな
IMG_2918_convert_20130209131610.jpg

リムーバーで赤色を落とし、プレートの重ね合わせ部の塗膜除去が厄介だったらしく、手作業による除去で難攻させました。
IMG_3077_convert_20130209131700.jpg

プライマーとサフェーサー段階に至って・・・
IMG_3330_convert_20130209131737.jpg

板金仕上げ塗装(指定色吹付+クリア)で完了です。
IMG_3477_convert_20130209131842.jpg

気になっていた、プレートの接合部というか重ねあわせ部についても、きちんと塗装が仕上がっています。
IMG_3481_convert_20130209131932.jpg

さて、このチェーンケースは服部自転車製実用車へ乗せていくことになります。そろそろ服部にも名前決めていかないといけないよな。服部と丸石の合体車種だし
別窓 | ◇実用車パーツ【丸石郵政車】 | コメント:0 | トラックバック:0
201302091331
第2段階
気にはなっていましたが、〝TOP SECRETⅡ〟の森崎さんより連絡が入りました。
本業の合間に頼んでいましたので、いつでもいいや的な扱いと思ったのですが、なんとかなりの本気で挑んでいただいていたようです。
理由は、当方がリムーバーで大方の塗膜は除去したのですが、細かいところに残った塗膜除去をブラストと手作業で取り除いて頂いたので時間が掛かったとの事です。

聞いた手順は以下のSTEP
①ブラスト:塗膜除去
②ピック:塗膜除去
③プライマー:下地塗装
④サフェーサー:塗装安定用の処理
⑤本塗装
⑥乾燥



丸石郵政車のフェンダー:工程④の状態です
後ろには本業であるエアロパーツが・・・かつて無いアンバランス構図
IMG_3313_convert_20130202111830.jpg

丸石郵政車の半チェーンケース
IMG_3317_convert_20130202111926.jpg

その裏側:細部まで完璧です
IMG_3318_convert_20130202112007.jpg

全ケース
IMG_3322_convert_20130202112052.jpg

その裏側
IMG_3328_convert_20130202112230.jpg

リヤ側ケースだって
IMG_3324_convert_20130202112139.jpg

かなりの時間をかけて頂いています。cost心配に・・・
やはり基本は、下地処理だそうです。ここに時間かけないと後のノリが決まらないようです。
妥協知らずの職人さんですね。
別窓 | ◇実用車パーツ【丸石郵政車】 | コメント:0 | トラックバック:0
201302021141
板金塗装の作業依頼
ついに塗装をやってくれる会社が決定しました!
GT-Rの間を抜けて、キョロキョロと緊張しながら事務所兼工場へ向かいます。
〝Top SecretⅡ〟ネーミングから秘密工場っぽくちょっと怖そうでしたが、
TopSecret竇。+(2)_convert_20121221173957


基本は〝自動車〟です・・・板金塗装のほかに専用エアロパーツなんかを作っています。
工場長に話をして、塗装作業を請け負ってもらえないかと・・・話すことしばし。
TopSecret竇。+(1)_convert_20121221173936

工場長いやな顔一つせず
OK~~~~!!!(ガッツポーズもんです)
話してみるもんです。
せっかくなので工場内拝見すると、整備中のGT-Rだし・・・その反対側には
IMG_3338_convert_20121221173912.jpg

レストア中の〝Z〟しかもよく見ると、ロゴマークはNISSANではなくDATSUN!?とあり、しかも左ハンドルだし。
TopSecret竇。+(4)_convert_20121221174021
逆輸入車でしょうか・・・
この2台見ただけでも、当方なかば興奮状態です。



で・・・、今回依頼したのがこれら。扱っているものが違うから、おもちゃみたいなもんでしょうね。
NEC_0058_convert_20121221174453.jpg
◇前後フェンダー
◇全ケース
◇半ケース
合計4点、真ん中に置いてある袋は色見本用のパーツ・・・チェーンケースの後ろの部分。
色も見た感じ現行自動車用塗料でいけるとの事。
こんなちんけなものに手を差し伸べてくれるなんて・・・ありがたい^2
費用は、ざっと30,000円てな感じらしく、仕上がりで本決定しましょうとのこと。
森崎さんよろしくお願いしまーす!
別窓 | ◇実用車パーツ【丸石郵政車】 | コメント:2 | トラックバック:0
201212241225
塗装について
寒いっすね。このシーズン早朝の自転車磨きは、出来ないことの方が多いでしょうか。
〝布団>外気〟ですよね。〝眠気>やる気〟とも言います。

Webで調べる限り、自転車塗装はお値段もそこそこします。セルフでやる場合、天候に左右されない場所と玄人の腕前が欲しいところです。下地処理から塗装にかかるまでの段取も、みっちりやらないといけないようです。
前に、この丸石郵政車を頂いた店主から言われたことを思い出しました。その店主は、自動車整備から自転車店へ変わったようで、古い車も趣味にしているようです。「板金塗装は下地作りで決まる」とのこと。
全くの素人には良くわかりませんが、赤の塗り替えの話題からこの言葉が出てきたように思います。

さて、服部実用車レストアを目前にして、セルフでやるにはかなりのリスクがあり(一応会社員・・・)時間的制約(家族もち)もあります。

考えた挙句、市内の自動車板金屋へ持ちまわって相談してみようかと・・・
ここは、相当の度胸がいるように思います。自動車板金と自転車っちゃぁ、かなり違うし、小間物だし、依頼するまでの会話の接点が分かんないし、少し怖そうな雰囲気だって・・・
※入った事のない人は当然だと思いますけど。

それでは、アタック開始します。一発でいかないのは当然と心構えして、どこから行きますかー。
あぁ~こわっ(寒)
別窓 | ◇実用車パーツ【丸石郵政車】 | コメント:2 | トラックバック:0
201212171241
| Life is like a walk〝Polishing life〟 | NEXT
2006 template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ