サドル手入れ
わが休暇と夏の日差しは、サドル手入れには絶好でした。
最近、婦人自転車のサドルばかり200個も盗み、その臭いで違いが分かるとの新種の奴がおりますから、下手に庭先に干しておくと怪しまれるでしょうか。

AM7:30~
長崎県島原市で購入したサドルを一旦晴らして、ミンクオイル塗布しました。塗った途端から質感が変わってくるのが分かります。表皮も砂漠化していて、相当〝脂〟に飢えていたんですね~
この作業勢いのまま、しかも脂ぎった手で、保管しているサドルにまで塗ります。



走行しない休日は、カッチコチのこのウエルビーのサドルもターゲット。一度は塗ったのですが、サメ肌のような質感で、一向に革らしい馴染み方をしない奴。この硬さには散々乗ってきたのでようやく慣れましたが、ミンクオイル塗ってもガビガビ感がある頑固な素材。
IMG_1354_convert_20130901173425.jpg


熱延係長7号用のサドルへも塗っておきます。オークションで落札したこのサドル革は、手入するほどに馴染んできます。座り心地も良い感じになってきました。
IMG_1355_convert_20130901173520.jpg


ゼブラ自転車のサドルを忘れていました。棚奥から引っ張り出して、日光浴させておきました。
今日はほぼ庭先で終わりました。~PM4:20
作業後のビールは格別!今度は飲みながら屋外作業やるかなぁ~。
別窓 | ◇購入パーツ・道具・貰い物 | コメント:0 | トラックバック:0
201309011757
革サドル手入れについて 【try&error】
干しっぱなしにしてたら、大雨で見事にやられていました。現在乾燥中です。

前回の記事で、今まで自身で気になっていたことが一つ浮上しました。
この手の革サドルの裏側にはミンクオイル等のメンテクリームを塗るのが常識なのかという事・・・
いろんなホームページを拝見すると賛否両論。意見や理論も様々。やはり試して意見しないといけません。



実際は塗ってしまっているのですが。なぜ今回気になったかというと・・・
IMG_1352_convert_20130904121221.jpg



熱延係長7号のサドルですが、裏側にミンクオイルを塗ったところ、表現が難しいのですが革がグズグズになってきているのです。革がボロボロ剥がれるというか、湿った脱脂綿を指でこすってちぎったような感じです。
この状態が型崩れと言われている事象なのかどうかも分かりませんが。今だに裏側は乾燥はしていません。

蛻・ァ」謨エ蛯・2蝗樒岼)+(1)_convert_20130904121347



こちらはオークションで落札したKSMサドルですが、こちらにも塗ってありますが、経過はまだ様子見にしています。やや不安ですね。
KSM繧オ繝峨Ν+(16)_convert_20130904121301



これは、ゼブラ自転車のサドル、これへも塗りました。しばし放置しておくと熱延係長7号に近い状況なので、後悔しています。
IMG_0592_convert_20130904121136.jpg

結論として、革サドルの裏側へはミンクオイルは塗るべきではないと思います。表面はきちんとなめされているので、いくらかのメンテは必要と感じますが。塗ってしまっていても漕いでしまえばサドルなんか気にはなりません。それに劣化・腐食進行が極度のスピードで始まってもいません。
でも革の状態から言って、健全な状態ではないのは確かかと思います。
自分でフォローしますがサドルも消耗品!

靴と同じで、表を磨くことだけで良いものと感じました。多分今後は、裏側に塗ることは無いです。
塗ったものを脱脂することもできないので、ひたすら時間をかけて自然乾燥してみます。まぁ、これの次回成果報告は10年後あたりになるでしょうか(笑)
別窓 | ◇購入パーツ・道具・貰い物 | コメント:0 | トラックバック:0
201309041249
側車!!
本来的な順番で行けば、恒例の〝築地シリーズ〟なのですが、新手の車種と遭遇しましたので速報のようにUPしました。

服部自転車+側車


某工場内です。パンク修理待ちな一コマです。実用車との連結部はまた撮影してきます。
過去にここの現場内の工事で働いたこともあるのですが、気づきもしなかったな~。
別窓 | ◇実用車遭遇 | コメント:0 | トラックバック:0
201309061421
| Life is like a walk〝Polishing life〟 | NEXT
2006 template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ