スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
出会いと別れと
4月と10月はテレビ番組の改編もですが、別れの時期でもあったりしますよね。出会いももちろん楽しいもんです。
いろんなことがあった2ヶ月です。おいおい話題にしていきます。
今回は、出会いの部類。
前回の神田~谷根千ぶらりの延長で上野桜木まで徒歩でやってきました。そのままEXPOへ入店しました。この店かなりマニアック。知る人ぞ知るという感じです。



IMG_20170926_155855110_HDR_convert_20171002214018.jpg


店舗には小型ポンプ車が・・・こんな店始めて。この車群馬県の納屋で保管されていたそうで。
IMG_20170926_152659064_HDR_convert_20171002213930.jpg


店先には、無造作に電池式の自転車ライトが格安であったりして。
IMG_20170926_152929985_HDR_convert_20171002214120.jpg


店内のインテリアもこんな感じ、四方八方首が痛いぐらいレイアウトされてます。
IMG_20170926_150436780_HDR_convert_20171002213911.jpg


古いハガキはパンクタイヤバケツに入っていたりと。商品ディスプレイがみっちりはまっているんですよね。
IMG_20170926_154748351_HDR_convert_20171002214000.jpg


結局のところ、ライトとバケツは私が購入してしまいました。帰りのことは気にせず元来た道を引き返すわけでして、両手ふさがった上京者ってところです。
出会いはどこに転がっているかわかりませんな。
スポンサーサイト
別窓 | ◇購入パーツ・道具・貰い物 | コメント:0 | トラックバック:0
201710032154
失ったものはとても大きい その1
出会いと別れでテーマ書き出しました。ウエルビー大運搬車が・・・行方不明に。
手元からいなくなって、仕方ないと半ばあきらめていました。念のため市役所に問い合わせ、警察へも盗難届を提出しました。
我が家の狭い敷地で窮屈そうにしているなか、新天地へ飛び立っていったものと諦めをつけ、次なる車両個体の製作へ移行すべきだと言い聞かせもしました。

夜も寝つきが悪くなり、近所へも早朝から捜索へ行ったりと。家族もスーパーやホームセンターで駐輪場を見てくれていたそうで、何とも儚い日が続きます。
事故で復活が望めないのならいざ知らず、突然いなくなるっつうのがつらいのなんの。



この車体の取り回しが悪いのも気になっていましたが、もう乗れないかと思うともう少しかわいがっておくべきだったと思うわけです。

皆さん、施錠と防犯登録は忘れずに、行ってください。
不意の別れはつらすぎます。



そんな帰り道、家とは違う方へ薄暮の中歩いて探しに行き・・・
「・・・!あっ」  「いたwwwwww!!!!!」
街中でいきなり再会です。もう言葉になりません(涙)
「ごめんよ~俺はもう呑みません」と唐突に誓いを立てました。

はい。
私が悪いんです。仲間と呑んでから帰るまでの間、もう酒に酔って乗れないのでこの重量物の取り扱いに困って、ビルの陰にウエルビー号を隠したらしく、そのまま置き場所を忘れてしまったのでした。そんな記憶もなく、盗られたと思い込みまして方々迷惑を掛けました。
ほんとに愛人よろしく、やはりこれがいないとダメになりそうな自分がいたり、猛省しております。
別窓 | ◇運搬車レストア【ウエルビー】 | コメント:7 | トラックバック:0
201710102023
失ったものはとても大きい その2
学生時代を振り返ると何人もの先生と出会いますが、尊敬する先生ってのは一人いるかどうかだと思います。
そんな中 かっこかわいい大事な 恩師が亡くなりました。


その方は聖心女子大学の副学長であり家族社外学者の岩上真珠(いわがみまみ)先生


8月に病気で亡くなられ、9月末にお別れ会に出席してきました。急な訃報に驚くばかりでした。
20年以上前の学生時代の思い出が急に思い出されます。
その時代、特には実習論文や卒論指導にてお世話になりまして、その時の経験や指導が今の自分の基本骨格になったんですよね。

                              e026ac086fced8a47902320eb421fd5f.png


9月末同日には聖心女子大にて追悼ミサも執り行われまして、いまだ恩師の死が遠いもののように感じるわけです。昔と変わらず今でも学生や同僚や研究仲間たちからも愛されていた方でした。
式の最中も賛美歌を歌う場面が幾度かあったのですが、恩師の死を認めてしまうというか涙スイッチが入ってしまいそうで、堪えていました。


今思うと方向違いなプラント関係の仕事に就くきっかけになったのも、先生の3年間のゼミ参加がきっかけになってまして。
迷ったときに背中をドンと押してくれるのがうまい方でした。

このブログにも幾度が来ていただきその書評を返答いただいたりもしておりました。
年賀状やメールのやり取りばかりで、直接会うべきだったなと思うのです。


名前の通り、一粒の真珠となって天より見守っていることでしょう。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

享年67歳
別窓 | ◇雑記帳 | コメント:2 | トラックバック:0
201710141619
| Life is like a walk〝Polishing life〟 | NEXT
2006 template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。