北名古屋市歴史民俗資料館 展示物
前回の続きとなりますが、ここの常設展示は見ごたえあります。
もちろん実用車にクローズアップしているわけはありませんが、他の昭和レトロ生活雑貨コレクションも相当面白かったです。
公設なので入場料無料というのが何とも市民には良いです。

さて陸王の後ろにあった、自転車店の風景ですがディスプレーが最高です。
我々マニアには、そこのそれを手にとってあれこれしたいところでしょうが、そうはいきません。その場所は受付の方の目の前です。望遠で撮影するくらいしかできないでしょう。

IMG_2962_convert_20180504174815.jpg


館内にはずらりと実用車~運搬車一同並んでます。
IMG_3044_convert_20180504174858.jpg


日本ラージ(ラッジ)もあるわけでして、戦前の実用車を見ることができるとは恐れ入りました。
IMG_3070_convert_20180504174936.jpg


一番のお気に入りはこれですね。
牛乳配達専用カスタマイズ運搬車  かなりイカス存在です。街中をこれが走り回っていた時代があると思うと、いまでは信じられないです。当時は普通だったのでしょうが・・・我々ごくごく一部の変態しか想像しえない世界です。
IMG_2985_convert_20180504174837.jpg


補助フォークにメーカー専用のカバーが取りついているんですな。
IMG_3056_convert_20180504174916.jpg

更に次回、この個体車両だけをクローズアップしてみたいと思います。
別窓 | ◇実用車遭遇 | コメント:0 | トラックバック:0
201805041805
北名古屋市歴史民俗資料館 展示物
前回の続きです。とにかく連貼りなんですが、効率よく配達作業にこだわった細部の作りこみ方が良いです。

IMG_2989_convert_20180512125757.jpg



IMG_2992_convert_20180512125851.jpg

IMG_3053_convert_20180512125121.jpg

IMG_3057_convert_20180512125319.jpg

IMG_3062_convert_20180512125559.jpg

IMG_3060_convert_20180512125453.jpg

オーダー要求に対するメーカーの反映の仕方が各部パーツを通じて伝わってきます。
別窓 | ◇実用車遭遇 | コメント:0 | トラックバック:0
201805121738
かつおのはらがわ
今回、実用車ネタはお休みです。

〝旅による出会いは、その後の人生にとても多大な影響を与えることになる〟って思ってます。


スタンプ帳もあとわずか、1冊目の最終ページは何のスタンプで締め括られるのでしょうかね。



またこの件についていつの日の寄稿になるやらなのですが、いい出会いがここにも待っていました。
GW後半のこと、別現場の仕事がひと段落したので、アクセル踏んで南へ向かいました。

蒸留所にやってきました。詳細はまたそのうちの後日 (工事で忙しいんでご勘弁くださいな)
IMG_20180506_095719344_HDR_convert_20180513094001.jpg



焼酎党なのであまり詳しくないのですがウイスキーの歴史ってかなり古いですよね、そこへ新たに参入してアタックを開始した会社があるんです。


嘉之助蒸留所

IMG_3223_convert_20180513093903.jpg


作ったその先に何があるのか、それを飲み感じることで多くの人に以後影響を与えるんでしょうね。
作り手と飲み手の関係性について、初めて感じた瞬間でした。
皆さま機会あれば足を運ぶことを是非お勧めします。
※下にリンク貼っておきました


さて、かつおのはらがわとは・・・気になりますよね。      あと残り8ページ。
別窓 | ◇雑記帳 | コメント:0 | トラックバック:0
201805131009
| Life is like a walk〝Polishing life〟 |
2006 template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ